前へ
次へ

警備員のための法律というのがあるわけです

警備員の法律というのがあります。
警備業法というものであり、これにはいろいろなことが書いてあるのですが、実に面白いのが警備員というのはなんら特別な権限が与えられているものではないということが明確に最初に書かれているということがあります。
細い何号警備とかそうした定義もそこでされていることになりますし、具体的に警備員がどのようなものを持って良いのかというようなことが書かれているということになります。
また手続き上のこともこの法律の中に書かれていることになります。
警備会社というのは必ず警察、国家公安委員会において管理されているものである必要性があるというのはなかなか知られていないことです。
人の生命や財産を守るということになるわけで、またほとんどの場合武器などを持っているというわけではないのですが威圧感のある格好をして、活動するということがありますのでどうしてもその辺りの事も細かく規定がされなければならないからです。
そのための法律としてあります。

Page Top