前へ
次へ

法律わかりませんでしたでは危ないかも

最近ほとんどの住宅で設置しているように思う太陽光発電がなくなるかもしれないようなニュースを発見しました。
一般住宅やマンション、企業の事業などでも設置している太陽光発電により作られた電力を電力会社が買い取ること「固定価格買取制度」を終了する法案を検討中とのニュースがありました。
 もしもこの法が改正されると今まで大規模な設備投資をしてきた企業や一般利用者の今後の収益回収が不安となるかと思います。
今までの買取り金額よりも大幅に減額となるうる可能性があり、今後の所有者の利用処置としては、個人または事業所による自主消費となるか、減額をしょうちで電力会社へ買い取ってもらうかの二つが考えられるかと思います。
 これから太陽光発電を考えている方や企業の方は少し考えてみられてはいかがでしょうか。
これからのエネルギー関連および環境関連の法案は新たな動きがありそうですね。
今後もこれらの動向を注目していきたいです。

Page Top